一期一会
新たな有馬と出会う。一期一会

兵庫の中心、有馬に地元の旬が集結

兵庫五国を味わう

摂津・播磨・但馬・丹波・淡路。
個性豊かな五国から成る兵庫県は、食の宝庫でもあります。
その中心に位置する有馬で、五国の旬を味わいませんか。

最旬期を迎える海の幸、山の幸

一期一会 兵庫五国を味わう

日本海と瀬戸内海の両方に面するなど、国内でもめずらしい地理的特徴を持つ兵庫県。異なる風土や文化を持つ摂津・播磨・但馬・丹波・淡路の五国には、その地域ならではの食があります。兵庫県の中心に位置する有馬は、それら五国の恵みを一度に味わえる場所です。このたび有馬グランドホテルでは、それぞれの地域から旬の味覚をセレクトし、「兵庫五国の旬会席」をご用意いたしました。

秋から冬にかけてのこの時期は、五国の恵みが最も豊かに輝くとき。その代表格がかにであり、但馬の松葉蟹はブランドかにとしても知られています。ぎっしりと身がつまった松葉蟹は、茹でかにやせいろ蒸しでいただくのが王道。燗酒とのペアリングがお勧めです。

かにと人気を二分するのがふぐです。旬会席では、淡路の三年ふぐをセレクト。身がしまり、濃厚な味わいのとらふぐは、趣向を凝らした鍋料理でどうぞ。「別墅 結楽」とカスタム会席では白子焼もご賞味いただけます。

播磨の明石鯛も、赤味が増し「もみじ鯛」と呼ばれるこの時期が旬。結楽では山椒焼、中央館・北館では蕪蒸しで、脂ののった明石鯛をお愉しみいただけます。

摂津の味覚は、日本三大和牛として知られるブランド牛「神戸牛」。旬会席では、中でも特上の部位として知られたフィレとサーロインをご用意いたしました。

丹波の山の幸も兵庫が誇る味覚のひとつです。この秋、収穫された丹波産コシヒカリは瑞々しく艶やか。口の中に広がる上品な甘みが、食事の締めを贅沢に飾ります。

都心からのアクセスも快適なここ有馬で、地元兵庫の魅力を味わい尽くしませんか。